読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまのひとりごと

なにか考えるとき、少し浮いてる気がします。

春よ来い

日常

会社の最寄り駅には大学があって、入学式だからかスーツの学生がたくさん。

私が大学入学の時は、両親が離婚寸前で、母親が鬱になり、兄は無関心だし、私だけがパニックだった。家が心配で、なかなか家をあけられなかった。

そんな中私も2年くらい付き合った人に振られ、もうどうでもいいやーと死んでしまおうとしたら、鬱で人のことなんて気にしてられない母親が

「死んだらお母さん悲しい!」

と止めてくれたなあ。

時は経ち、私ももうすぐ29歳で、悲しくも当時と同じく5年付き合った彼に振られ。

また、死んでしまいたくなったけど、もう大丈夫。強くなったよわたし!

いまの私は合コンに向けて女子力を高めるべく日々頑張っています!!

春よ来い!!!

f:id:yama-ny:20140401091118j:plain