読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまのひとりごと

なにか考えるとき、少し浮いてる気がします。

叔母さんになりました

f:id:yama-ny:20141114182955j:plain

 

8月に兄夫婦の所にベビたんが生まれた。(男の子)

キラキラネームとまではいかないが、今時な感じの名前。

 

奥さんは実家の富山で出産し、先日こちらに帰ってきたばかりなので、ベビたんとは初対面。

 

純粋に赤ちゃんが可愛いからなのか、血のつながりがあるからなのか

無条件に大好きーって感じ。

ちっちゃくて可愛いよー。

 

でも私はとんでもないことをやらかしていたのである。

 

出 産 祝 い を あ げ て い な い 。

 

「プレゼントをあげる」程度しか頭になかった私は

お祝いを包むと言う行為が存在することと、

自分がその対象内の人間だということを認知していなかったのである。

「生まれたらディズニーのDVDボックス絶対買ってあげようー」

「いい写真いっぱい撮ってあげようー」

こんなことしか考えていなかったYO…

 

兄弟間でのそういったお祝いなんて今までしたことなかったのもあるけど

そもそも親しい友人の出産祝いも全然あげられてない。ああ最低だ。

 

この間兄夫婦が遊びに来た際、親戚に配るお返しを運んでいる際、私に一言。

 

お前の分はないよ。

 

そうでしょう、そうでしょうとも。

だって私はあなたにお祝いをあげていないんだもの!!!

 

しかも兄弟だから素直になれず

「うん、だってあげてないもんね(笑)」

 

うわー。もうさいあくー。

兄もおそらく

「こいつ…お祝い包むとかまで頭回ってないな」と思っていたからこそ

あんなことを言ってくれたのかもしれないと思うと顔から火が出そう。

いやもう火が出るの通り越して黒焦げだわ。

 

兄夫婦が帰宅後ソッコー母に相談。

そしたら

「1歳のお祝いの時とかに出産祝いの分も一緒にあげればいいんじゃない?」

と軽い返事。

 

そう、それもアリだと思うんだ。

でもそれまでにベビたんに会う機会はとにかくたくさんあるだろうに

毎度自責の念にかられるのもつらい…(自分本位でほんと最低だけど…)

 

そこで、お正月にお年玉としてそこそこの金額を包もうかと思っているけど

それってありなのかしら…

 

「思ったことは行動する」ようにしようと決めたので

今更感はあるだろうけど大切な友達たちにも何かしらの形でお祝いしよう。

 

毎日ボケーーーっと過ごしてるからこんなことになるんだろうね。

しっかり毎日を過ごさなくちゃ…。