読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまのひとりごと

なにか考えるとき、少し浮いてる気がします。

退職までの道のり その1

仕事

ずいぶん間が空いてしまいました…。

 

先日の記事の通り、私は退職を申し出ることに成功しました。

その一部始終をご覧ください。

:以前にもお伝えしたことがありますが、改めて退職をしたく…

社長:やっぱりそうかー。メール貰った時そうかなーと思ったんだよね。前に言い出した時から考えて、そろそろかなあと思ってたんだよねー。

:はい。やはり退職をしたいのですが。時期は7月末が限界です。

:うーん。でも今のタイミングは厳しいなー。どうしたら続けてくれる?

:残業代を支給してくれるなら考えますけど。

:それは無理だね。

:(えらいあっさり言ったな)

  はい、わかってます。だから辞めたいんです。

:(若干怒り気味で)Hさん*1の無計画な販売方法せいで、通販の在庫がたまりにたまってて、正直給料も上げるの厳しいんだよね。全員いっぱいいっぱいでやってるの。これから新規の仕事入れないとやばいなと思ってるところなの。それにやまだけ残業代をあげると不公平だし、かといって全員の残業代は払えない。

:昔も残業代について聞いたことありましたけど、「営業会社だから残業代とかないんだよね」って言ってましたよね。でも現状私がしていることと言えば、営業ではなく事務的やデザイン的な作業ばかりで、それで残業代が出ないというのが納得いかないんです。

:そういわれてもなあ。やまがやってた仕事は誰がするの?

:(それ私に聞くのかよ)

  求人サイトなり、ハローワークなりで人を入れるしかないんじゃないですか…

:え~そんな代わりの人なんてそうそう見つからないよー。

:なので早く動かないと…

:わかった、じゃあ俺がチャッチャと来週中に見つけてくるよ。

  今日はちょっと遅いし、来週改めて話そっ。ね。

:わかりました。

 

 

以上が最初の打ち合わせ内容でした。

うちの社長は調子が良いので、「チャッチャと見つけてくる」は勢いだけの言葉というのはすぐわかりましたが、とりあえず退職の意志は伝えられたということで、まずは一安心です。

つづく。

*1:会社の常務