読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまのひとりごと

なにか考えるとき、少し浮いてる気がします。

追いかけられる女になる

恋愛話ばかりでスミマセンが、しばらくお付き合いください。

男性が追いかけたくなる女性とは、
自分を持っていてなおかつ恋愛に依存していない女性なんですよ。
「好きだ好きだ」と言って追いかけているばかりでは、
男性はどんどん逃げていきます。
追いかけられると逃げたくなる、それが男性心理というものです。

引用元: 追いかけられる女になる為に!男性を虜にする魅惑の女とは

 

“追われる女性”を目指すなら、こびたり、相手の顔色をうかがうのはNG。「すぐ手が届く女」と思われるだけです。また、尽くすのであれば、周りの男女す べてに世話を焼くアネゴ風に。好意のある男性だけにあからさまに尽くすのは×。追われないだけではなく、自分から近づいてくる相手=労力をかけなくていい 相手とされる危険もあります。

 

“追われる女”になるために必須なのが「自分の世界を持つこと」、「趣味などに自分の居場所を作ること」。彼が知っているあなたとは違う顔、彼が関わって いない居場所を持つのです。相手が知らない一面を見せることで、もっと知りたいという気持ちを持ってもらことができます。 

 引用元:恋せよ乙女!追いかけるより追いかけられる女子になる♡|MERY [メリー]

 

追われる女性になるために

現在私は、追っている。
時間がありすぎるがために色々考えてしまい、無意識に気持ちが追う方向に向いている。

しかし世の恋愛ハンターは私のような下手な恋愛はしない。
そう、「追われる女性」を演じているのだ。

上記引用のように、彼に依存するような女性を魅力的とは感じないらしい。依存する事無く、精神的にも自立した、自分の世界を持つ女性が選ばれるらしい。

冷静に考えれば私だってそんな事くらい気づくけどさ!


追われる女性になるために、先日のデートでは以下の事を実行した。

  • 自分の好きオーラは消して、仲の良い男友達という設定で会ってみる
  • 手も繋がない、歩く時など近づきすぎない
  • したい事や行きたい所を遠慮せず進んで言う(気を遣わない)

など、諸々を実行しながらデートに望んだ。

 

1、ランチはデートっぽくない所で

日曜、デートは新宿。*1
何が良いか聞かれるも新宿に詳しくなく*2、彼提案の餃子屋になった。

ここで「オシャレなカフェが良いー」などと言うより「餃子良いね!間違いないよね!」と男友達かって位の反応をし、昼からビールも付き合って呑んでしまった。
(いや嘘です、単に私が呑みたかっただけです。)

2、本屋を物色し新たな一面を見せる

ただ単にWordPressの本が見たかっただけなんだけど、見ている時に

こういうの全然わかんない。やまちゃんはHP作れるって言ってたけど、HTMLとかわかるの?

と言われ、「はっ!ここは新たな一面を見せるチャンスじゃないか!本屋ありがとう!本屋大好き!」と、本屋は新たな面を見せるには絶好の場所だと気づいたのです。

う、うん。HTMLとCSSは人並みに。JavascriptとかjQueryはテンプレ組み込むくらいしか出来ないけど。

ドヤ顔で言ってみたら、彼から「いいなー、今度教えてよ。俺もやってみたい。 パソコン打つの好きだから」と予想外の回答が返ってきた。
まじですか。君が出来るようになってしまったら私の尊敬度薄れるじゃん!私の領域に入って来ないでくれたまえ!!

3、過去の恋愛を興味ない風に聞いてみる

付き合う以前も昔の恋愛を聞いた事はあるけど、付き合ってからはあまりない。おそらく通常稼働の私だったら、過去の恋愛を聞いてヤキモチの一つも焼いてしまうところを、敢えて「へーそうなんだー。」と、「聞いてはみるけど他人行儀に」を心がけて聞いてみた。そして私のターンになることもあるので、そこで自分の恋愛における考え方をさりげなく伝えるのだ!

いろいろ試して接した結果

泊まりに誘われる

これはおそらくこの日の実験の成果ではなく、彼が前もって思ってた事らしいけど、何やら会社で消化しなければ行けない休みがあって、それを明日の月曜午前に充てたらしく、「今夜泊まりに来れば?」というお誘いがあったのだ。
しかし私は「しばらく泊まりにいかない」と決めたばっかりだし、何より今日は何の準備もしていないため、「今日?今日は帰るよー。」と断った。
しかし彼は引き下がらない。

私「今日?今日は帰るよー」

彼「なんで?明日休みでしょ?」

私「いや、そうだけど、何の準備もしてないし」

彼「準備って?」

私「化粧道具とか無いし。帰りスッピンで電車乗るのはさすがにやだよ」

彼「大丈夫だって。メイク落としとかは買ってうち置いておけばいいし、スッピンだって変わんないじゃん」

と、何やらすごく泊まりにきてほしいらしい。どうせカラダ目当てなんでしょ…と心の中で思って、嬉しいよりちょっと悲しかった。

そして泊まりの誘いはさらに続く。

彼「来週の月曜も午前半休とっててさ。じゃあそこでおいでよ」

私「来週も?!…スケジュール確認してみる」

彼「空いてないの?忙しいなあ」

私「わかんない。確認して連絡するよ。友達もみんな土日休みだから、埋まりやすいんだよね」

はい、さりげなく「あなたとの予定が入ろうが無かろうが、私は私で楽しく過ごしているのよ」アピールだ!

その後デート中しばしば今日泊まらないことに対して「帰っちゃうの?」とか「今日来てくれないんだもんなー冷たいよなあ」とか言われ、最終的に「なんで泊まるの嫌なの?」とまで言われた…わかりやすいやつ…

旅行に誘われた

「この日で旅行いこうよ」と具体的な日にちで旅行に誘われた。

以前私から「旅行行きたいな」と言っていたんけど、おそらく私が予定を詰めていかないと実現しないだろうなーと思っていたので、彼がスケジュールを確保して提案してくれた事がとても意外で驚いた。「まさか、またカラダ目当て…?」とも考えたけど、それなら旅行に行かずとも誘えるよなあ…

手を繋がれた

衝撃だった。
今までのデートでは、(って言ってもさほどデートもしてないけど)私から「手を繋いで良い?」と確認をして「あ、いいよ」と言う感じだった。でも今日は手を繋がないぞと決めて臨んでいたし、私からは手を繋ぐのは愚か、必要以上に近づいたりはしなかった。そしたら夜歩いている時に手を差し出されて、全く予想していなかった私は
「ん?何?私の傘欲しいの?でもRくんも傘さしてるしな…ガムでも欲しいのかな…でもそれなら言うよなあ…ん?」
とおそるおそる手を差し出すと、握ってくれたーーー
どういう風の吹き回し?だって私の事そんな好きじゃないんでしょ?ほんともうなんなんだよ嬉しすぎるぜちくしょう!手を繋ぐのはおそらくもっと先の事だと思ってたわ…
内心パニックな事を悟られないよう、一見冷静を装ってはいたけど、「何かと思っちゃった。傘欲しいのかな、ガム欲しいのかなって考えちゃったよ」と早口にいちいち説明してる自分が我ながらキモかった。

手を繋ぐ以外にも、よそ見をして彼に何度かぶつかっちゃってた時、わざと彼からぶつかってきたりというスキンシップもあったりして、ちょっとビックリが続いた。

自立してるね、と褒められた

これも今日の作戦と関係ないんだけど、デートの前日朝から美容院に行くべく表参道まで出かけていて、その後新宿に立ち寄った際に彼からおはようーとメールが来たので、返信ついでに「新宿でオススメのラーメン屋知ってる?」と聞いてみた。
結果あまり新宿のラーメン屋には詳しくないらしく不発に終わったけど、こんなやり取りがあった。

彼「ラーメン食べいくの?」

私「今食べるの」

彼「そうなんだ。○○と?(共通の友達の名前)」

私「違うよ、今日は一人。もう帰るけど」

彼「そっか珍しい!」

私「そう?一人で良く都内来るよ!」

彼「知らなかった!」

私「動物園とか一人で良く行ってた」

 これを受けて彼は、”一人で行動する子=自立している”と思ったらしい。

あとは前に、「鈴木亜美が好きで、ネットでファンの人探して一緒にイベントとか行ってた。今でも仲良い」とか「バンドがしたいと思い立ってネットでメンバー募集してる所探して声かけてた」とか話した事に対して、これも”行動力がある=自立している”と捉えたらしく、

彼「やまちゃんって最初はもっとおとなしくて、自立してない子だと思ってたけど、ネットで友達作っちゃう所とか、一人で動物園行っちゃう所とか、意外と自立してるんだね」

私「いや、一人で動物園いっちゃう事が果たして自立してるのかわかんないけど」

彼「いやそうなんだけど、なんて言うか、良い意味で意外だった」

私「でも割とみんな自立してるでしょ…」

彼「いや、意外と自立してる人って少ないよ。まあこんな事言ってる俺だって自立してるのかって言われるとわかんないけど」

私「いや自立してるでしょ、一人で暮らして仕事して。尊敬ですよ」

 つまり、彼は私の事を自立している女性だと思い始めている…?
だとすればとてもよい方向ではないか!
彼の言う自立ってイマイチよくわからないんだけど、それでもプラスに働いている!これはチャンスではなかろうか。

おそらく、彼が今まで付き合ってきた人は、彼の連絡無精加減から追いかける側に育ってしまって、そんな歴代の彼女を見てきて「意外と自立してる人って少ないよ」と言っているのかなと思った。ここでいう”自立”とは”精神的な自立”という事なのかな。
彼女が一人で行動しているという事が、彼に依存していないと思わせたのかもしれない。

とことん自立してみようじゃないの

現状私は、彼が思っているような自立している女性ではない。というか、おそらくその真逆の位置にいて、結構重度なんじゃないかというくらい依存している。(一時的に)

でも彼が私を「自立している」と思っている可能性があるなら、とことん自立してみようじゃないの!と決意した次第です。

でも、無理に興味を移そうとすると、本当に興味がなくなるという前例があるので、今回もどうなることやら…

*1:当初は目黒のさんま祭りに行く予定だったが、大混雑との事で断念し急遽新宿に変更になった

*2:楽しい所が良いかと思い「食事しながらフラダンスした人が周りで踊ってくれるハワイアンの店なら知ってる」とティキティキ 新宿店 (TIKITIKI) - 新宿三丁目/ハワイ料理 [食べログ]を提案したが、「昼から踊り見てもねえ」と速攻で却下された。踊りは夜なのか?