読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまのひとりごと

なにか考えるとき、少し浮いてる気がします。

ド短期で派遣の仕事をする

仕事を辞めて2ヶ月を過ぎた頃、そろそろ就活をしようかと動き始めたと同時に子宮内膜症が発覚し、就活は一旦ストップ。
薬物療法で経過をみましょうという事になったので、3ヶ月短期の仕事でも始めようかと思ったら、大きい病院の予約が1月に取れてしまったため、短期の仕事もストップ。

さて、この暇をどうしてくれよう…

もっとド短期の仕事を探す

特別お金に困ってる訳ではないけど、貯金に手を付けるのも嫌だし、何より毎日暇なので、何か出来ないものかと考え、年内で完結できる仕事を探してみる。すると、近場で12月末までの仕事を発見!ソッコーで応募してみる。
まずその仕事を持っている派遣会社に登録する必要があるとの事で、派遣会社のある都内まで出向く。

初めて派遣会社に登録する

登録とはいっても「登録面接」という事なのでとても緊張。面接なんて久しぶりで、何をどのように話そうか事前にかなり考えてから面接に望みました。が、相手からの質問に簡単に答えるだけの形式だったので、考えていた事の1割も話さずに面接終了。拍子抜けしたけど、登録だしそんなもんなのかしら。

今回は応募した仕事がこの会社の提供する仕事だったので、必然的にこの会社に登録する事になったけど、SE系のエンジニアの仕事を多く扱う会社らしく、今後お世話になる事はあまりなさそう…。(WEB系の仕事も増えて来てるとは言ってたけど。)今後長期の派遣を探す際にまたバタバタ登録するのも大変なので、暇な時にリ○ルートとかテン○スタッフとか大きめの派遣会社に登録しておいた方が後々楽かも。本音を言えば早く正社員で仕事を始めたい所だけど、身体の事もあるし、もしかしたら派遣という就業形態の方が合ってる場合もありそうだし…

登録後、彼とごはんを食べれる特典

この日の一番の楽しみはここ!
派遣会社のオフィスが彼の働く会社のすぐ近くで、お昼ごはんを一緒に食べれるという特典付きだったので、足取り軽く登録に向かった単純な人間です。スーツはやっぱりいいね…

「たぶん今後こうやって仕事の合間にごはん食べるなんて、やまちゃんが営業にでもならない限り無いだろうね。」

と言われ、「え、じゃあ営業になろうかな」と密かに思った事は内緒です。(ならないけど)

そして無事ド短期の仕事が決まる

登録面接の時に、この仕事の営業の方ともお話して、今日正式にお仕事が決まった。
明日から1ヶ月間お仕事します。仕事内容はデータ打ち込み。
短い間だけど、頑張るぞー。