読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまのひとりごと

なにか考えるとき、少し浮いてる気がします。

31になりました

日常

前回のエントリーから随分と日が空いてしまいました。
巷では桜が咲いて、そして桜が散りましたな。お花見しましたかー?

私はと言えば先日誕生日を迎え、ゲストハウスに宿泊するゲストやスタッフの方々から連日お祝いの言葉をいただきました。誕生日に抵抗が出始めるお年頃ですが、やっぱりお祝いをしてもらうのは嬉しいもんです。

:::

誕生日前日の夜は出かけていて、日付が変わってから一旦宿に寄ったのですが、その際そこに居合わせた人たちがHappy Birthdayを歌ってくれました!音頭をとって歌い始めてくれたのは、インターンで一ヶ月金沢に滞在する予定のオーストラリア国籍の21歳の女の子。(ご両親が日本人なので英語も日本語もぺらぺら)
そして以前も泊まってくれたオーストラリア人の日本語ぺらぺらの男の子もまた泊まりに来ていて、彼は長崎で買ったカステラを一本くれました!しかもプレゼントの仕方が素敵で。

彼「あげようかな〜、どうしようかな〜・・・」
私「ちょうだい〜」
彼「ちょっと待って!ちょっと考えるから!」
私「冗談だよ、せっかく買って来たんだし、自分で食べなよ!」
ー私帰宅ー
彼line(改めて誕生日おめでとう!)
私line(ありがとう!カステラ美味しく食べなね〜)
彼line(ちょっとカバン開けてみ?)
ーかばんにカステラがー
私『・・・!!!』

なんと言うおちゃめなサプライズを…
ありがとうー!美味しく食べたよーー!

 

f:id:yama-ny:20160411200033j:image
誕生日の朝、地元の友達からプレゼントが届いた!
中身はエスティローダーの通称”婚活リップ”。(しかも名前入り)
これを手にすると結婚できるといわれているらしい。
結婚できるかわかんないけど、友達の気遣いに感謝。

 

f:id:yama-ny:20160411195957j:image

誕生日当日の勤務帰り際、トイレから出ると電気が消えていて、キャンドルの灯されたこのケーキが突如出現!スタッフのみんながサプライズで用意してくれて、この日居合わせたゲストさん、スタッフのみんながハッピーバースデー歌ってお祝いしてくれた!
なんと言う事でしょう…
「みんなが私のためにお祝いしてくれている…!」と思うと恐縮過ぎるし、「きゃー!みんなしてこっち見てるー恥ずかしー!」って感じで萎縮してしまったけど、ホント嬉しかった。ケーキもおいしかったー。
あとスタッフのH君が、プレゼントにサボテンをくれました(笑)
前日『何色が好きですか?』と聞かれ、丁度花見用の団子を作っていた所だったので、団子の色かな〜と思って『緑』と答えたのですが、どうやらこのプレゼントの事だったらしい。
後日宿のオーナーから『何貰った?』と聞かれ『サボテンです』って答えたら、『H君が”プレゼント緑が良いって言われたんですけど、何が良いですかね。ピスタチオかな〜”とか言ってたんだけど、ピスタチオって意味わかんないよね』って言ってて、サボテンもよくわかんないけどな、と思ったのは秘密です。緑=グリーン=植物ってこと?
でも色々考えてプレゼントしてもらえて嬉しい限りです。

そして昼は大学時代のお友達3人が宿宛てにお花を届けてくれました。なんだよー何でみんなこうもサプライズが好きなんだよーー嬉しいじゃねーかチクショーー
メッセージガードには
『Happy Birthday! and Survive surgery!』
と書いてありました。
手術の話は3人のうち1人にしかしていなかったのですが、その子がみんなに話してくれたようで、おめでとうメールにも『手術頑張れ、お見舞い行くね!』と書かれていました。
手術の事は言いたくなかった訳じゃなくて、敢えて言うほどの事でもないかなーと思っていたのですが、やっぱり長い友達だし、そういうの知ってくれて『頑張れ』って言ってくれるのは嬉しいなあと思いました。

f:id:yama-ny:20160411154131j:plain
左は、宿のスタッフがくれた”緑”のサボテン、右は大学時代のお友達がくれたお花。
棚とかが無いので、あるもの使って安定感のある台を作ってみた。

f:id:yama-ny:20160409140502j:plain

f:id:yama-ny:20160409140753j:plain
翌日のお花見で、スタッフの女の子とそのお友達がケーキと帽子を用意してくれた!
しかもこのチョコケーキ、めちゃうまい…
こう連日お祝いしてもらっちゃっていいんだろうか…ほんと嬉しい限りです。

31歳の抱負

とにかく今は手術を乗り切る事が一番ですが、ぼんやりと英語を頑張りたいって気持ちがあります。
今働かせてもらっているゲストハウスは、宿泊者のほとんどが外国人。英語が話せないと文字通り話にならない。私以外のスタッフはみんな英語話せるのに対し、私は英語が話せない。そのため宿番も一人では十分に出来ない。最近はスタッフ希望者が多いみたいなので、私が邪魔な存在になっていないかとちょっと不安な毎日です。役に立てているのかなあ。

始めの頃は部屋までの案内の定型文を少しずつ覚えて来て、『あ、私進歩してる!』みたいな気持ちがあったのですが、それも一通り覚えてしまったら、一気に成長が見受けられなくなりました。これでも英語の本を読んでみたり、活用フレーズ音読してみたりしてるのですが、全然ダメ。『通じるかな、変な英語じゃないかな、怖いな』って思って使えないし、硬直してしまう…やっぱり『使える機会があれば使ってみよう』ってスタンスで勉強してちゃダメだね…

オンライン英会話も、結局怖じ気づいて始められず。
手術が終わって家で療養してるとき、今度こそやってみようと思っています。

ちなみに彼から誕生日はメールが来ました。
『誕生日おめでとう!』の一行だけだけど。
なんかでももうどうでもいいや〜〜〜〜!!!

ということで、31歳、アイスクリームたくさん食べて頑張っていこうと思います!