読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまのひとりごと

なにか考えるとき、少し浮いてる気がします。

これからの仕事について考える

手術も終わり、体調も4キロ太るほど良好で、そろそろ仕事せねばと思っているやまです。焦りもありますが新たな仕事へのワクワクもあり、こんな時間って今しか味わえない気がしてなんか嬉しいけど、浸ってる暇があったら、仕事せねば。
でも、なにしよう?

今までの仕事について

今までふらふら3社ほど渡り歩きました。この歳で3社はちょっと多いのかな?どうなんでしょ?

1社目:物流加工の営業

モノ作りやデザインがしたくて販促企画の会社に入りましたが、私は何故か物流加工チームの営業に配属。「物流…なんか地味…」と最初は不満だらけでしたが、やってみると意外と奥が深くて、結果このチームで良かった〜と思うほどでした。
私は主に化粧品会社担当で、全国にたくさんの店舗を持つブランドの店舗資材の一元管理や、コフレや福袋のセット作業、ノベルティグッズの制作など色んな仕事をさせてもらいました。ホテルアメニティのセット作業に付随してパッケージデザインをやらせていただいたことがあったのですが、たまたま泊まったホテルでそのアメニティセットに出会うとやっぱりニンマリします。この間もテレビの旅番組でそのアメニティが出てきて興奮しました。
しかし私が働く支店が閉鎖するとのことで、やむなく退職致しました。

2社目:ウェブデザイン

元々興味があった分野でしたが、我流で学んでいたので色々知識不足でした。改めて勉強し直し、ハローワークの求人で発見した会社に応募、あっさり入社しました。
初めてのweb業界だったので勝手はイマイチ分かりませんでしたが、作業しているときは没頭できるのでそこは楽しかったかなと思います。しかしその会社、学校のいじめみたいに社長のいじめられ役が一人いないといけなくて、入社当時のターゲットさんが辞めた後は私が標的になっちゃって、精神的に追いやられて退職しました。思えば給料も支払いが滞るような会社だったので、早めに辞めて正解だったかも。
この経験でweb業界はちょっとトラウマになりました…

3社目:営業という肩書きの何でも屋

仕事内容は1社目と似ていますが、モノ作りのウェイトが大きかったかなと思います。
ここでも作ったものを街やネットで見かけると嬉しかったし、そう言う意味ではやりがいがあったように思います。ただやっぱり仕事量が多かった。日をまたぐ事も多かったし、残業代もでないので、モチベーションは下がる一方。
新たに通販事業を立ち上げるもみんな手探り、しわ寄せは何故か私に来てしまって、毎日あっぷあっぷしながら仕事していました。
忙しくてもそれなりに評価してもらえればよかったのですが、それも難しかったので思い切って退職することにしました。

退職後から現在まで

退職後、市の健診を受けた際に内膜症が発覚し、手術を要するとのことだったので転職活動はひとまず延期。通院しながら派遣したり金沢行ったりして、無事手術を終えようやく一段落ついたところです。

金沢行ってから考えが変わってきた

今までは「正社員!土日休み!残業少なめ!」みたいな意識に捕われて仕事を探してきました。しかし金沢に行って、ゲストハウスを経営する友人夫婦やスタッフ、近隣のお店などを見ているうちに、必ずしもそういった仕事だけが選択肢じゃ無いんだってことに改めて気付かされました。

私は一般企業に向かないんじゃないかなと薄々感じてもいました。どの会社でも社内のいざこざにうんざりしたし、それが退職の決め手だったこともあるし、そのせいで精神的に参ってしまったこともありました。そういう団体行動が得意じゃないのかなあ。
でも仕事しなくちゃだし→転職サイトでも見るか〜。条件検索:土日休み、残業少なめ…
といった感じで、仕事の固定概念から抜け出せなかった私に、金沢は光を与えてくれました。

じゃあ具体的に何がしたいのか

金沢のゲストハウスで働いてから、仕事に対する色んな固定概念が取っ払われました。しかしそれゆえ選択肢が広がりすぎて、方向性が全然定まりません。

自分のお店持つって良いな。大変なことも多いだろうけど自分の居場所を自分の手で作るっていいな。地域の人とも交流したりして、人の輪をどんどん広げて、続ければ続ける毎に楽しみが生まれそう。

お店を持つならやっぱり飲食店がベターかしら。女性の話題になりそうな可愛くてオシャレなカフェとかいいかも。朝ごはん屋とかもいいな〜。でもお酒も出したいな。ギャラリースペースとか作って、個展やライブしてもらったり。

でも飲食店経営なんて未知の世界過ぎて私に出来るのかな?飲食店は愚か、料理だって得意ってほどじゃないし、そもそもそんなお金ないし、度胸もない。

じゃあ新たにオープンする飲食店で働かせてもらって、企業のいろはを学ばせて貰えないかな?

でもそうなるとアルバイトか。収入面もちょっと心配だ。しかも働いた結果「やっぱ飲食店辞めよう」ってなる可能性だってある。現に今の私は飲食店をしたいというより個人でお店を作りたいってやんわりとしたイメージしかないから、働いた所で心折れてしまいそうな気もする。

 

こんな感じで、なかなか身動きが取れません。
私は起業に対して、飲食店に対してどこまで本気なのかわからない。無謀でも、自分の決めた道に突き進む人って本当にすごいよなあ。

ちなみに自分のお店を持つことに憧れるのは、ゲストハウスで働いてから地域密着型の仕事に魅力を感じるようになったからです。地域に根付いた仕事=店を構えるというとても浅はかな考えです。お客さんとお話したりしながら仕事ができたらとても楽しそうだなあという夢物語です。

他にも地場産業とか、伝統工芸とか、地域の活性化に繋がるような仕事ってすごくいいなとよく思います。

ただ、金沢に行きたくて

ゲストハウスで働かせてもらった2ヶ月、本当に本当に毎日が楽しかったので、いつしか「ああ…ここに住みたい…」と思うようになっていました。

でもその”楽しい”って言うのは、例えば自由に働いたヘルパーとしての環境が良かったからとか、ゲストハウスのスタッフ達と過ごすのが楽しいからとか、私のカリスマ的存在の友人がいるからとかそういう理由だとしたら、それだけで金沢に行くのは良くないんじゃないかって気もしています。そんな気持ちで仕事するのは良くないし、好きな人達が金沢から居なくなってしまったら、それが理由で移住した私はやっていけるのだろうか、という不安…(その頃にはまた新しいコミュニティなんかも出来て、それなりに楽しくやっている気もするんだけど)

カリスマ友人から「もしやりたいって気持ちがあれば、またうちで働いてみない?」というありがたいお言葉も貰っていて、それにもすごくそそられています。しかし先ほどの理由と同じように、本当にゲストハウスのお仕事に興味があってそそられているのかという自問自答がループし続けていて、なかなか決断が出来ません。

その時したいことをしていけば良い気もする

こんな感じで先のことをぐるぐる考えているわけですが、考えた所でわかるわけないし、例えば一年前の私が今こうしてこういった状況だってことも予測できなかった訳だし、そんな深く考えずにしたいことしていったらいいんじゃない?と開き直っている時間もあります。

とはいえ年齢も考えないと

行ったり来たりでスミマセン。
深く考えずにしたいことすりゃいいんじゃね?と思う反面、もう年齢も良い歳なんだし、考えるべき何じゃないかって気持ちも拭えません。結婚だって出産だってしたいけど、金沢に行くことは遠回りにならないかな?とか…
関東にいたって結婚できるとは限らないけど。。

もう少しじっくり考える

ゲストハウスでのお仕事の回答はまだ少し時間をいただけそうなので、じっくり考えていきたいと思います。
ゲストハウスでお世話になる場合は、自動的にWワークになります。そうなるともう飲食店やらで働かざるを得ないと思うので、頑張るしかないです!

また”正社員”にこだわらない職探しをしていこうと思っているので、そうなると関東でも選択肢は広がりそう。SNSばっかしてないで、しっかり仕事探していこうと思います。