読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまのひとりごと

なにか考えるとき、少し浮いてる気がします。

恋をした

一度手術で帰った期間を除けば、金沢に来てもう1年になります。
まさか自分が、何のゆかりも無い金沢という地で1年も過ごすことになるなんて思いもよらなかったなあ。

仕事の話ももちろんたくさんしたい所ですが、どーーしても吐き出したいことがあるのでそちらを書かせていただきます。

金沢で、恋をした

恋、しました。
職場にたまにお手伝いにきてくれる5歳も年下の男子。ここではM君と言いますね。

その人と会う機会といえば大勢で集まる時くらいだったのですが、会っているうちに好きになっていたみたいです。

そもそも年下がとても苦手

年下が苦手です。年上なら至らない所があっても年下だし許されるだろうと思っているけど、年下は「自分がしっかりしなくちゃ」って意識がうまれて、接していてすごく疲れてしまいます。
人に話すと「そんなこと考えて接することないのに」って言われるけど、無意識なので変えられなくて、とっさに緊張してしまいます。単なる見栄っ張りなのかもしれません。

接することで年下も克服しつつある

というか、そもそも私は今まで年下と接する機会が極めて少なかったので、接し方がわからないのかもしれません。例えば部活でも後輩と接した記憶が無いし、社会人になっても後輩は入って来なかったのでずっと一番下だったし。

単に自分が年取っただけかもしれないけど、今は年下と接する機会が圧倒的に多くて、少しずつ慣れてきた気はしてます。

というか、年下でも頼りにしていいんだな、しっかりしてるなってことがわかってきて、最近は肩肘張らずに接することが出来るようになった気がします。

好きかもしれないと思った

金沢で呑みに行くような友達は少なくて、呑みに誘える数少ない友達の一人だったM君と、いきさつは覚えてないけど2人で呑みに行く機会があって、その時に色んな話をして、「ああ、好きかもしれない」とその時改めて思った気がします。

で、車の無い私を銭湯に連れて行ってくれたり、営業中の暇な時間にお茶したりと、ぼちぼち2人で会ったりしてました。

というか正直言うと、金沢に来てからその人を割と意識していました。それは単に仕事の話が出来るからとか(普段は会社員だから)、趣味(野球)の話ができるからとか、すぐ近くにその人の事好きだと言う人が居たからとか、理由付けて気付かないふりしてたけど、その人と会う機会がある時は普通に嬉しかった。
でもそんなの好きじゃんね。
こじらせあるあるだよね。
「会いたい」とか「話したい」とか、そういうシンプルなことでいいじゃんね。

私から誘ったクリスマス

私は南海キャンディーズ山里亮太のラジオを良く聞いていたのですが、ラジオの中で山ちゃんがクリスマスイブにお隣の小松市でライブをやると言っていて、「いきたい!でも行く人がいない…あ、M君クリスマス暇だって言ってたし行ってくれるかなあ…」という感じで、やんわりと誘い相手の候補になっていたのですが、よく考えたら異性だし、女友達誘うのとはちょっと違う気もするし、やっぱり一人で行こうかな…とか考えて結局決めきれないままでいました。
ところが会った時に何を思ってか
「今度小松で山ちゃんのライブがあって、行きたいんだよね〜」
とか口走ってしまって、
「へえ、行ってみたいかも。いつ?」
と言われ、
(しまった!誘うつもり無かったのに、うっかり言ってしまった!)
と思ったけど後の祭り。結局
「あ…でもこれクリスマスイブなんだよね…」
と変な誘い方になってしまいました。

でもその反応はと言えば
「暇だし行こうかな」
という感じで結果オーライ、相方をゲットしたのでした。

そしてクリスマス

ボッチ同士、クリスマスへの憧れがあって「クリスマスっぽい充実した予定にしよう!」と事前にプランニングしていました。でもその内容はケーキ買うとか、ピザ頼んでこたつでぬくぬく食べようとか、ごくごく普通だったんですけど。

予定通りケーキも買って、ピザもネットで予約して、お笑い見て、帰りに銭湯寄って。で、ピザを回収してM君の家で食べる予定でしたが、注文したピザ屋はドミノピザ。ネット予約の注文数に上限を設定していなかったため注文が殺到して処理しきれずに大クレームになったあのドミノピザ。我々はまさにその被害者でした…

結局楽しみにしていたピザを諦め、寒かったので温かいものを求めた結果ラーメン屋に行き、ケーキとコタツにありついたのでした。

お酒も呑む予定だったのでこの日は最初から泊まり。泊まりってことはそういうこともあり得るの?いやいやだってM君だし。この間M君ちに女友達と2人で泊まったし、そんな感じで今回は1人なだけだし。そもそもきっと部屋別だし。女友達めっちゃ居る人だし、家に女友達を泊める機会もたくさんあるだろうし、むしろM君が女子みたいなもんだし、まあないか…と思っていましたが、あるんですね。結局セックスしてしまいました。

翌日、M君はメガネを作りたかったらしく、じゃあ鯖江行っちゃう?とメガネフレームシェアNo.1の鯖江へ。しかし買う店自体が極めて少なかったため購入できず、単なる観光となりました。

「昨日のことは事故だ。酔った勢いでそうなってしまっただけだ。今日はいつも通り普通の友達だ。」と思うようにしながら接していましたが、たまに手を繋いできたりして、どういう関係になったんだろう私たち…という疑問を残したまま解散し、2016年のクリスマスが終わりました。

頻繁に会うようになる

思えばクリスマス前からちょくちょく一緒に遊ぶことも増えていましたが、年を越してからは一層会う回数が増えました。でもそれは「年末食べ損ねたピザリベンジしよう」とか「銭湯行ってから鍋したいね」とか目的ありきの約束で、「会いたいから会おう」って感じではないんだけど。
その頃からM君は市営の安くて設備の良いジムに通ってて、私も気になってた所だったのですが車じゃないと行けない所だったので、ついでに今度乗せてって〜とお願いしたら毎回声をかけてくれて、ジム→銭湯→M君ちでごはんって流れがお決まりパターンとなっていました。

家に行くとビール飲んじゃうから大体泊まってて、泊まるたびセックスしちゃう。クリスマスのときは”事故”だって思うようにしていたけど、そもそもその事故も私は好きって気持ちがあったから起こったことだし、好きならセックスしたいし、私にとったら現状幸せな状況なのかもな〜と思っていました。身体から始まる関係もあるかもしれないし、とも思っていました。

でも、やっぱり付き合ってないんだな

M君は春から関東に転勤で現在物件を探しているのですが、私が物件探しが趣味なのを知って、「じゃあお互い良い家見つけたら報告」みたいなゲームをしていました。私も毎日意味もなく物件見てるくらい物件探すの大好きなので楽しんでやっていますが、その際によくこんなことを良く言っていました。

  • 同棲にも耐え得る部屋がいい
  • (見せてきた部屋を狭いと指摘した私に)ここに一緒に住んでくれる彼女はいいやつだ
  • モテる部屋に住みたい
  • (インテリア系の写真見せてきて)これモテそうじゃない?

など、「モテたい」「彼女欲しい」「同棲したい」というキーワードをたくさん出してきます。

もし仮にM君が私を好きという気持ちがあるのなら、こんな言葉って出て来なくないですか?

この間はこんなことを言われました。

やまさんは彼氏作らないんですか?

これに対して私は「うーん、欲しいよ。欲しいけど、なかなか…ね」と言葉を濁してしまいました。

接する機会が増えるたび、M君の家に泊まるたび、セックスするたび、なんかどんどん好きになっていて、最初は楽しかった泊まりがけの予定も、だんだんと切ないイベントになってきました。私は彼女としての対象じゃないんだなあ。完全にセフレなんだなあ。金沢での暇つぶしなんだろうなあ。切ないけど、今の関係を壊すのも寂しいし、どうしたもんじゃろのう。と思っているうちにズルズル時間だけ経ってしまいました。

でも期待ばかりさせる

「付き合ってないけどセックスしちゃう友達。これがいわゆるセフレ、私はそのセフレなんだ。」と思い知らされる時もあるけど、一緒にいると期待してしまうようなこともたくさんありました。

例えば家にいる時は彼氏彼女のようにベタベタしてきたり、「関東行ってもたまに会ってね」とか「新居にも遊びにおいで」とか言ってきたり、春からどこに住むのと言われて、ひとまず実家かなあと言うと、「もしアレだったら俺とルームシェアでもいいよ」とか言ってきたり(彼女が欲しいからと一人暮らしする人が、好きでもない女とルームシェアするか?)、外で手を繋いできたり、ふとしたときボディタッチしてきたり、ちょっと遠めの温泉に行く約束をしたとき、「この日はデートにしようね」とか言ってきたり。(デートってなに?)
私にとったらこんなの付き合ってるのと一緒じゃん、と思ってしまうけど、彼にとったらこういう疑似彼女的なこと全てが”セフレ”の範疇なのかもしれないし、真意は聞かない限りわかりません。

そりゃセックスできて暇なとき一緒に遊べる相手ってとても良い存在だと私も思います。私も楽しいって気持ちだけでそれに付き合っていられるなら良い関係性だと思っていたけど、ああこの人のこと好きかもな〜って思ってからは、楽しいとか嬉しいとかよりも切ない気持ちでいっぱいになっていました。

M君は交友関係が広くて、女友達もたくさん。色んな所で「M君が女と歩いてた」って話を耳にすることも多いくらい。(彼女はなかなかできないらしいのに)
それに比べ私は異性の友達がとても少ない。私の場合、男の人は友達ではなく恋愛対象になってしまって(私も相手も)、ずっと友達で居られる人が少なくて、「友達」としての異性に極端に慣れていません。(職場の人とか、趣味の仲間とかは別だけど)だから、何が異性の友達としての範囲内の言動なのか全然わかんない。異性の友達でも手を繋ぐの?キスもするの?スキンシップもあるの?異性間での友達がどこまで許容されるのかわからない私はちょっとしたことで期待したり勘違いしたりしてしまいます。
もちろん私の中では、異性の友達でもキスしたり手を繋いだりはしないし、したくないし、した事もないです。だから付き合ってる人以外とこんな関係になったのは生まれて初めてです。ものすごく悪い女になった気分です。

でももうこういう関係ってきっと良くないしツライね

M君は昔「付き合ってもいないのにセックスしちゃうような軽い女とは付き合いたくない」的なことを言っていたことがあります。今の私はまさしくそれで、軽い女と思われているのかもしれません。彼の方も、私が彼をセフレと思っているかも、だからいっかって思われているかもしれません。

でもどうやら好きになってしまったようなので、この関係は破綻です。一緒に居るの楽しかったけど、そろそろ終わりにしなくちゃ、と思って、今は我慢して連絡を絶っています。

迷うと友達に相談する癖がある

自分じゃ抱えきれなくなるんです。ブログに書くのもそのためです。
恋愛を計算のように進める友達に思い切って言ってみました。この友達は共通の友達で、M君の事も知っています。

「実はさ、私M君の事が好きになっちゃって」と話すと、「遅いよ、そんな気がしてたよ。私はお似合いだど思ってたよ」と言ってくれていたのですが、事の一部始終を話すと、「ああ、それはナシだわ。」といきなり友達のテンションが変わりました。

ヤったら終わり。ヤるまでがある意味男の楽しみ。その楽しみが無くなった今やまちゃんはセフレ以上の関係にはなれない。好きなら辛いだろうけど、私なら次ぎにいく。

手厳しいお言葉をいただきました…
でも私のためにと言ってくれたありがたーいお言葉です、参考にさせていただきます。

さらにはこんな事も言われました。

一人に集中してたら身が持たない。複数人の男の人と並行して連絡とりなさい。そしたら自ずと1人に対してのウェイトが軽くなって、自然と塩対応できるから。

好きな人だから連絡取りたいのに、好きでもない人も並行して無理に連絡を取らないといけないのか…恋愛マスターは言うことが違う…でも果たして私にそれが出来るのだろうか。
でも試してみなくちゃわかんないし、連絡してるうちに好きになることも往往にしてあるし(私なら特にあり得る)、とりあえず恋愛云々関係なく、積極的に人と関わって行こうかなと今は思っています。

結構人の意見に左右されやすいので、今度は違う人にも聞いてみました。(セカンドオピニオン
その人は私の性格をよくわかってくれている人で、案の定、先の友人の言う並行パターンを”その考え方もわかるけど、やまちゃんがそれやったら罪悪感で自分の事責めそうだよね”と言っていました。わかってらっしゃる…
その人は駆け引きとかが苦手だと言っていて、素直に気持ちを伝えてぶつかれよ、とアドバイスをくれました。

私はその人が本当に好きなのか

そもそも私はその人の事が好きなのか。好きかどうかどうやって確かめるのか。
もしかしたら気付いていないだけで、私の方が暇つぶし感覚で疑似恋愛を楽しんでいたのかもしれない。
そう疑う気持ちも少なからずあります。どこが好きかと言われてもこれと説明できないし。

でもやっぱり会いたいし、連絡貰ったらめちゃくちゃ嬉しいし、彼女が出来たらと思うと寂しいし、もっと一緒に居たかったなあって思ってしまいます。

これは好きという事でいいのかなあ。

3月いっぱいでケリを付けたい

長引かせたくない。お互い春から新しい生活が始まるし、どこかでしっかりケリを付けたいと思っています。それが、気持ちを伝えるって形なのか、フェードアウトっていうかたちなのかはわからないけど、自分で良いと思うように終わらせなくちゃねー。

終わりだって。悲しいね。でも期待はしない方がいいよね。だから気持ちをもう無理に消す毎日です。あー。連絡したいよー。たわいもない連絡来たけどどう返すのが正解かわかんないから既読無視しちゃってる。

彼はきっと新生活に向けて新しい気持ちでいっぱいで、私の事なんてもう忘れてるかもしれない。そう考えるとものすごく切ない。私ってなんなんだろー。

せっかくいいなと思う人に出会って、たくさん会える関係値にまでなったのに、すごく残念。セックスしなかったら付き合えてたかなあー。

どこに恋が落ちてるかわからないもんだね

前の彼氏の時に自分のこじらせ具合を実感して、あーこんな私に次また好きと思える人が出来るのかしら、と思っていたけど、まさかこの地でこんなかたちで恋するとは思わなかった。何がどうなるかわからないね。どうやら実りそうにはないけど、好きだなと思う人に出会えたことは幸せなことだったなと思うようにします。

あー。

さよならってなっても、最後に楽しい思い出が出来て良かったなって思わなくちゃ。
春からは色々と心機一転頑張りたいです。

進展はまた後ほど。
次は元気な記事書きたいよー。

元気な記事とか今までこれといって書いてないけどね…